バックエンドの商品によって会社の利益を最大化

どの企業にも、

総力を結集して

作り上げた商品や

サービスがあります。

 

しかし、

全ての要素を

取り入れた

商品やサービスは

高額になりやすく、

顧客へのアプローチの

段階においては

バックエンドの商品に

分類されるのです。

 

バックエンドの

商品に関心を示し、

真剣に購入を

検討するのは

見込み客だと

理解すれば、

マーケティングによって

上手く営業活動を

実施できます。

 

バックエンドの商品に

接するのは見込み客

 

商品の品質と

内容に見合った

金額に設定するのは、

企業として

当然の措置です。

 

しかし、

高額の商品

になるほど

消費者からの

ハードルは高くなり、

数ある類似商品の中に

埋もれてしまう

恐れがあります。

 

子どもや老人でも

知っている

有名企業

ではない場合は、

利益の大部分を

担っている

バックエンドの

商品だけに

頼るのはあまり

お勧めできません。

 

高くても良いものが

売れるのが

理想ですが、

情報化社会においては

消費者に

歩み寄ることも

必要です。

 

社員を養いながら

事務所や設備に

かかる費用を

賄っていくには、

それなりの利益を設定

しなければいけません。

 

マーケティング

における

バックエンドの商品を

いくら宣伝しても、

それだけでは限られた

常連だけが

対象になってしまいます。

 

いくらリピーターでも

繰り返し同じ商品を

買ってくれる

わけではない上に、

悪い意味で

慣れてしまった

他の消費者からは

相手にされなくなっていく

という分が悪い勝負です。

 

 

人は無料という

言葉に弱く、

それがどれだけ

薄い内容であっても

飛びつきます。

 

スーパーの

タイムセールを

見ても分かるように、

限定品についても

高い集客力です。

 

とはいえ、

主力である

バックエンドの

商品を販売しなければ、

企業を存続させることが

困難になってしまいます。

 

安易な値下げを行わずに、

即効性がある集客と

主力商品の販売を

結びつけるには、

豊富な実績がある

マーケティング

が有効です。

 

フロントエンド商品が

あるからこ

バックエンド商品

が売れる

 

企業にとって

儲かる商品の

販売と新規顧客の

取り込みを

つなげるには、

フロントエンドの

商品を設計するのが

ベストです。

 

マーケティングでは

顧客の意思決定

における

初期段階で

体験してもらう

ことを提唱しており、

バックエンド

の商品への前座として

フロントエンドの商品が

役立っています。

 

限定的であるが

安価だから

利用しやすく、新しい

お客様を招く点では

バックエンドの商品を

大きく凌駕

しているのです。

 

後世になって

再評価された

技術者や芸術家では、

当時に売り込みが

下手だったケースが

目立ちます。

 

誠心誠意を

尽くしていれば

誰かが見ていてくれる

という考え方は

ビジネスに

あまり向いておらず、

販売する商品や

サービスの

性質によって

フロントエンド

となる部分を

構築することが

急務です。

 

コストをかけてでも

フロントエンドの商品を

新たに提供することで、

バックエンドの商品が

より輝きます。

 

世界中に

つながっている

インターネットで

勝負する

オンライン販売では、

フロントエンド戦略

によって初回利用

という実績を

作ることが

もはや常識です。

 

 

バックエンド

の商品とは

全く別に作ることが

全てではなく、

一部をそのまま

フロントエンドの

商品として扱った事例

もあります。

 

たとえば、

個人制作の

ゲームで

第一章のみ

無料プレイとしたら、

爆発的に売れたのです。

 

続きが気になることで

大勢のユーザーが

バックエンドの商品、

つまり本体を

購入したのが

全体の流れに

なります。

 

まさに

マーケティングの

教本に載せるべき

フロントエンド商品から

バックエンド商品への

誘導で、この原理は

他の色々な

業界でも応用可能です。

 

 

目玉となるフロント

エンド商品の作り方のコツ

フロントエンドの商品で

興味を持った消費者が

集まってくるので、

バックエンドの商品

とかけ離れたものは

不適切です。

 

たとえば、

肉屋で揚げたての

コロッケや唐揚げを

販売するのが

フロントエンドで、

新鮮なお肉が

バックエンドに

相当します。

 

希望者がどんどん

押し寄せてくる

フロントエンドの

商品を設計する

のみならず、

バックエンドの商品と

一貫性を持たせる

ことがキーです。

 

主力である

バックエンドの商品は、

バージョンの

更新はあれども

本質的には変わらない

パターンが多いです。

 

したがって、

マーケティングの

観点としては、

フロントエンドの

商品や企画に

力を入れるのが

定石となります。

 

企業として研究開発を

続けることには大いに

意味があるものの、

目先の売上においては

 

フロントエンド側に

注目しましょう。

 

キャッチコピーを

少し変えるだけでも

売上アップになるので、

定期的に見直したい

領域です。

 

 

ネット通販では、

結果的によく売れている

手頃な商品を

フロントエンドと

定義することも

よくあります。

 

全ての商品を

見比べられるので、

数量限定などの

インパクトで

フロントエンド商品を

強調するのが効果的です。

 

マーケティングの

フロントエンド

商品とバックエンド商品を

最もシンプルにした

図式が、他にはない

オリジナル商品の

独占販売となります。

 

この場合の

フロントエンド

商品はサンプルの

無料提供や

大幅な割引で、

バックエンド

商品は色々な

特典を付けた

定期購入です。

 

まとめ

バックエンドの商品を

ストレートに

販売できるのが

理想ですが、

現実には

フロントエンド

の商品によって

集客するプロセスも

大切です。

 

インターネットの登場で

最新のWEB

マーケティングという

認識をされやすいものの、

フロントエンド商品と

バックエンド商品は

マーケティングの

理論としては

古典とも言うべき

古い考え方になっています。

 

長く支持されてきた

王道の

マーケティングだから、

さっそく販売方法や

商品の設計に

取り入れてみましょう。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です