清掃とアフィリエイト

「清掃」とは頑張ること、

という意識に

捉われやすいです。

 

「清掃」という

言葉を聞いて、

自分とは

無関係なことと

思う人は少ないのでは

ないでしょうか。

 

多忙な日々の中で、

ちょとした隙間時間に

なんとか頑張ろうと

努力する人も

いることでしょう。

 

その一方、

忙しい時に

真っ先に短縮されたり、

後回しになる

家事労働で

あるとも言えます。

 

勿論、

清掃はいいこと、

すれば気持ち

よく過ごせる、

と思っている人は

多いでしょう。

 

それを

証明するかのように、

書店に足を運べば、

「片付け」

「整頓」

「掃除術」

といった類の本が

溢れんばかりに

並んでいます。

 

けれど、

これらのどの本を

読む人も、

「本の通りに

実行したら、

完璧な清掃を

体験できた!」

と清々しい

気持ちになれた人は

いないようにも

思われます。

 

 

その理由に、

元々掃除が

好きな人ならば、

本など購入しなくても

自分で楽しみながら

実行できて

しまうからです。

 

しかし、

中にはそもそも

清掃をどのようにして

いけばいいのか、

わからないという人も

いるかもしれません。

 

そんな人にも

しっかり

順序だてて、

わかりやすい

ハウツー本も

出版されていますね。

 

「清掃に情熱を

傾けられる

人がいる」

 

「清掃」

という言葉に、

世間がちょっと

敏感に

なりだした頃があり、

新津春子さん

という方の

 

「清掃とはやさしさ」

 

等の本は、

 

とても

有名になりました。

 

彼女の掃除方法からは

とても熱心さが伝わり、

この本を読破した人は、

「よし!私も!」

とばかりに

せっせと翌日掃除に

張り切ることが

できたかもしれません。

 

しかし、

春子さんに

とって清掃には

「好き!」

という情熱が

入っています。

 

そこがある、

無いというだけで、

清掃に対する

意気込みには、

大きな差が生まれます。

 

他の人が

幾ら春子さんのように

清掃に精を出しても

一切ギャラは

発生しませんし、

 

当然日々の努力は

地道であり、

人がこっそり見て

評価している、

なんて

ドラマのよう

にはなりません。

 

情熱を注ぐ、

というのは、

誰が見ていなくても、

誰に何を思われても、

自分がそこに

費やせる精神です。

 

普段は事務仕事の方が

好きであったり、

家事にも

育児にも追われている

人達にとってそこまで

「清掃」に

ときめく人は、

かなり少ない

と言えます。

 

清掃にときめきを

持つといういう考えは

とても大切です。

 

 

 

「想像力は清掃に

有効に働くだろうか」

「いいえ、

そんなことは

ないです!」

と言える人

もいるかも

しれません。

 

それは自己啓発的な

読み方ができた人で、

清掃をきっかけにして、

自己革命を

試みた人でしょう。

 

また、

当初はこまで

気負わっていなくとも、

何かがきっかけになり、

自分の周辺を整理整頓、

綺麗に片付けて

いくことができて、

なんだか空気も

変わってきた、

この調子なら、

きっと続けていける!

と感じられた人なら、

祝福に値します。

 

「清掃」をなんの労苦も

感じずに日々習慣化

させることができるように

なれたなら、人生が

変わっても当然といえます。

 

ただ、

一時的にはできても、

何らかの事情があって

持続することができないで

いると、いつの間にか

「居心地のよい思考」

のほうへ

流れていってしまう

「魔」が潜んでいます。

 

いわゆる「リバウンド」です。

 

この「持続」のために、

どれだけ多くの人が

悩んできたことでしょう。

一時的にうまくいっていた

「清掃」も、

所詮日夜の

「努力」しかないのか、

と半ば諦めてしまう人も

多いことでしょう。

 

でも楽しく清掃したい、

という思考は決して

間違っていません。

楽しいことは、

 

時間を割いてでも

したくなるものです。

 

そして、

今流行りの

「100円ショップ」

を見ても、創意工夫を

凝らした製品を

多くの人が買い求め、

なんとか楽しい

掃除や片付けを

実現しよう

としています。

 

家の隅々まで綺麗に

できる細かい

場所専用ブラシ、

見た目が

可愛いスプレーボトル、

片付けやすい

コンパクトグッズ、

これらのどれを使って

綺麗にしよう・・と、

想像力が

止まらなくなります。

 

この時間を楽しい、

と感じている人は

いても実際に

家でどれだけ

出番があるのか、

利用価値が

あるかは謎です。

 

「清掃を、

自分を幸せに

する手段にしていく」

 

同じ想像力を使うなら、

自分がまず人生の主役

であることを思い出す

必要があります。

 

自分がその場所

にいる時、

どんな風であって

ほしいか、

それはとても

大事なことです。

 

例えば、

独身で彼氏

もいないから、

部屋がどうなって

いようとかまわない、

と思いながらも、

美しい部屋の

写真を見て

溜息をついている人も

多いはずです。

 

本当の自分は

こういう所にいたいよ、

そう思っているのなら、

帰宅した時、

せめてそういう

「整頓された」部屋に

戻りましょう。

そのためには、

外に出る

ちょっと前に、

「戻ってきた時に

散らかってたら嫌だな」

と思える自分がいることです。

 

または「今日、帰って

ゆっくり寛げることが

最高!と思えるような

部屋にすることです。

 

おおげさかもしれませんが、

これは人生全般に

関わっています。

 

散らかった部屋にいるほど、

自分は安い人間ではない、

ということを、

自分のいる場所から

証明していくことが大切です。

 

それは

他の人に向けて

発信するもの

ではありません。

 

自分に向けて

することが

まず大切です。

 

勿論、

職場として

把握いる空間には、

また別の思考が

働くことも

あるでしょう。

 

「部屋を見れば

その人がわかる」

と言われるように、

その人のいる空間は、

その人自身を表す

といっても過言では

ありません。

 

それは、決して

居住スペースのこと

を言っているの

ではありません。

 

また、

清掃は決して

自分の周辺だけが

心地よければOkでは

ありません。

 

どこにいても、

まずは自分が

心地よいと

感じらるように

すること、

ひいては、

その周辺同じ

空間にいる人も、

快適な空間に

導くことができるのが

理想と言えます。

 

清掃に目覚める、

ということには、

そうした自分の

生き方そのものを

変化させていける

「面白さ」があるのです。

一度「快適」を味わえる

ようになった人は、

それこそどんどん

変化していきます。

 

中には、

あまりの快適さに、

所有していた物の

ほとんどを

部屋から処分

した人もいます。

 

確かに安直に考えても、

物が減ることで

格段に清掃しやすくなり、

効率は上がります。

 

けれどそれ以前に

自分を幸せにしていく

清掃を心がけることで、

大事な物は何かを考えさせ、

選びとる力を

習得させているとも

言えるでしょう。

 

清掃に関連して「断捨離」

という言葉も使われる

ようになってきた今、

本当に大切な

思考

を自分目線で

選び取る時代へと、

変化しつつ

あるのかもしれません。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です