コンテンツビジネスとは?

副業からプロになれる可能性がある

 

コンテンツビジネスは、

インターネットが

日常生活の一部に

なったことで盛況です。

 


必ずしも大企業が

主役とは限らず、

柔軟な発想をする個人が

プロ顔負けの活躍を

見せています。

 


いつでもどこでも仮想空間に

アクセスできる時代では、

人々を楽しませて、

生活をより豊かに

できるコンテンツに

大きな価値があるのです。

 


子どもに人気がある

動画の制作動画とは、

映像と音声を

組み合わせて制作する

コンテンツです。


ユーチューブなどが

有名であり、

インターネット上で

公開する動画は

平均10分ぐらいに

なっています。

 

ユーチューバーの

HIKAKIN(ヒカキン)さん

などは、子供に

大変人気があります。

 


市販のソフトウェアと

自宅のパソコンでも

動画制作が

可能になったことで、

副業として取り組む方が

増加中です。

 


自らの顔を出して

芸能人のように

出演するタイプの知名度が

高いものやイラストを

出演者に見立てて

進めるタイプもあります。

 


一部の芸能事務所が

コンテンツビジネス

として、ネットの動画で

タレントの売り出しを

行っている状態です。

 


動画が閲覧されることで

表示される広告については、

その頻度に応じて

動画主に広告料が

支払われます。

 

ちなみに、この仕組みを

「YouTube パートナープログラム(YPP)」

といいます。

 

YouTube で稼ぎたい方はこちら

 


個人の動画制作に

よる主な収入源は

この広告料で、

高アクセスで

人気配信者では

課金による会員制も

よくあるのが特徴です。

 


現在ではリアルタイムで

配信する個人放送と

ほぼセットで

扱われており、

顔出しは

行わない状態でも、

本人の声によって

直接リスナーと

やり取りができます。

 


有名人ともなれば

企業から直接オファーが

くるので、まさに

芸能人と変わらない

待遇です。

 


動画については、

1人で制作すると

かなりの手間が

かかります。

 


たった5分の動画でも、

全体の編集と

テロップや効果音の挿入、

BGMの切り替えを

していくと、数時間が

過ぎていたというのが

普通です。

 


そのため、

コンテンツビジネスとして

成立させるには、

プロの制作会社に

外注して、面倒な作業を

切り離しておくのも

有効な手段になります。

 


動画の製作は

もう広く普及しているので、

他と差をつけるには

毎日投稿するぐらいの

インパクトが必要です。

 

 


プロデビューも珍しくない文章の作成

近年まで作家といえば、

特別な職業でした。


出版社と関係がある

人間にしかデビューする

機会はなく、自費出版では

あくまで自己満足としての

側面が強かったのです。

 


しかし、

基本無料のブログや

自分のWEBサイトによって

簡単に自分の文章を公開

できるようになったことで、

誰にでも作家になれる

チャンスが

生まれました。

 


オンラインのみで

コンテンツとして

販売する電子書籍は、

多くのコンテンツビジネスを

誕生させるキッカケと

なったことで知られています。

 


アマチュアとプロの境界線が

薄くなったことから、

無料で公開できる

小説サイトなどから

プロデビューする

パターンが増えています。

 


コンテンツビジネスとしては

アナログ寄りになりますが、

オリジナルの著作物を

販売するという原則に

当てはまっている状況です。

 


イラストやドット絵などの

デザイン系も盛況では

あるものの、

本としてまとめられる

文章に比べて販売経路や

著作権の管理が

難しくなっています。

 


ただし義務教育を終えた程度の

国語力があれば誰でも

参入できることから、

文章でコンテンツビジネスを

成功させるには独自のセンスと

継続力が大切です。

 


オンラインで販売できる

WEBサイトでは、

電子書籍も

取り扱っています。

 


専属契約で販売すると

通常よりも高い

印税によって、

効率良く

コンテンツビジネスを

進められるのが

魅力的です。

 


あまり初期費用を

かけずに副業として

スタートできる反面、

ビジネスとして売上を

伸ばしていくのは

大変になっています。

 


自分のペンネームを

ブランド化する目的で

名前が出る仕事を

請け負う、あるいは、

人脈を広げるために

大手との関係を

深めるマーケティングに

力を入れている

作家も多いです。


自分のアイディアを活かせる

ツール作成仕事や

作業でパソコンが

必須になったので、

手間を減らせる便利ツール

によるコンテンツビジネスも

出てきました。

 


便利ツールの作成は

個人向けのパソコンの

販売開始と同じぐらいに

始まっており、

歴史としてはかなり

古いのが特徴です。

 


自分のアイディアを

活かせる上に、

大勢から

称賛してもらえる点では、

承認欲求を満たす方法

としても適しています。

 


本格的な使用は

有料という

シェアウェアにするのが

一般的で、最初は

フリーソフトで

実績を積む流れが

よく見られます。

 


コンテンツビジネス

として夢があるのが、

チームを組んで

ゲーム等のコンテンツ

制作に取り組むことです。

 


企業の勤務とほぼ同じ

管理をするので

色々なスキルを

要求されますが、

成功すれば

事業レベルの継続した

収入を得られます。

 


個人でもオンライン

販売ができる

ショップが

いくつもあるから、

本業として

コンテンツビジネスを

真面目にやっていく場合には

かなりの有力候補です。

 


副業で進める時には

時間がかかるのが

ネックで、完成までの

時間短縮とクオリティ

向上をするために

外注を使いこなす

必要性が増します。

 


プログラミングなどの

技術力があるのなら、

アプリ等の個人でも

作れる範囲で活動するのも

お勧めです。

 


スマートフォンや

タブレットが

パソコンの代わりに

なってきた現状では、

個人を対象に

少額のツールを

販売するのなら

アプリにするべきだとも

分析できます。

 


コンテンツビジネス

だから自分で考えて

作る必要がありますが、

アプリ制作は実は独学でも

習得できる技術です。

 


まとめ

 

インターネットと

相性が良い

コンテンツビジネスは、

個人の副業としても

有望です。

 

自分の得意分野で

チャレンジしやすく、

自分自身のやりたいことを

行えます。

 


もっとも、

動画では他の素材を

使用することが多く、

どこまでがオリジナル

であるのかが

難しい側面もあります。

 


著作権などの

法律やネットマナーを

きちんと守り、

円満なコンテンツビジネスに

していくことが

大切です。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です