ダイレクトレスポンスマーケティングを導入して売り上げを伸ばす方法

ダイレクトレスポンス

マーケティングは

通称DRMと呼ばれる

マーケティング

手法の1つになります。

 

大企業ではもちろんのこと

個人で展開するような

スモールビジネスでも

使われるほど強力な手法です。

 

では、

ダイレクト

レスポンスマーケティングは

一体どんなマーケティング

手法なのか?

 

また個人ではどのように

使用するのかを

解説していきます。

 

ダイレクトレスポンス

マーケティングとは?

 

ダイレクトレスポンス

マーケティングとは

消費者にすぐに

販売をかけることよりも

消費者のレスポンス(反応)を

取っていく手法です。

 

レスポンスを取って

少しずつ消費者との

信頼関係を構築していき

販売するといった

販売手法です。

 

従来の直接販売する

方法と違い信頼関係を

構築してから販売

することにより

大きく売り上げを

伸ばすことができますし、

販売をかけるタイミングを

こちらで自由に決める

こともできるのも

ダイレクトレスポンス

マーケティング

の大きな特徴です。

 

ダイレクトレスポンス

マーケティングをする上で

大事なことはペルソナを

きちんと設定することです。

 

ダイレクト

レスポンスマーケティングは

消費者のレスポンスを

取っていく手法ですが、

様々な人から闇雲に

レスポンスをもらっても

仕方がありません。

 

ここで必要と

されてくるものが

ペルソナ

と呼ばれるものに

なります。

 

 

ダイレクトレスポンス

マーケティングで

必要なペルソナとは?

 

ダイレクト

レスポンスマーケティングを

する上で非常に大事に

なってくるのがペルソナです。

 

ペルソナとは

商品・サービスを購入する

可能性のある

理想の見込み客ことの

ことを指します。

 

まずは徹底した

リサーチを行い

どのような人が商品・

サービスを購入しそう

なのかを細かく設定して、

ペルソナに設定した人に

向けてアプローチを

かけていきレスポンスを

取っていきます。

 

また、

ペルソナを設定

することにより

ある程度商品・

サービスに興味を

持っている人たちに

アプローチを

行って行くので

闇雲にアプローチ

するよりもレスポンスを

取りやすく

商品の購入率も

高くなります。

 

また、

ペルソナを設定する

大きな理由の

1つにどんな人に

アプローチをするのかを

決めておくと

レスポンスを

取りやすくするため

でもあります。

 

これは有名な話ですが

人が倒れた時に

「誰かAEDを

持ってきてください」

と言うと誰かが

持ってきてくれる

だろうと考えてしまいます。

 

しかし、

「そこのメガネを

かけている男性の人

AEDを持ってきて

ください!」と

言われると

その条件に

該当する人は

AEDを持ってきて

くれます。

 

このように

「これは自分に

向けられた

メッセージだ!」

と感じなければ

スルーされてしまいます。

 

ここで言うスルー

されるとは

レスポンスが

もらえないことです。

 

しっかりとレスポンスを

もらうためには

「これは自分に

向けられた

メッセージだ!」

と感じさせるためにも

ペルソナを設定する

必要があります。

 

 

ダイレクトレスポンス

マーケティングが

活躍する業界

 

ダイレクト

レスポンスマーケティングは

どの業界でも

活躍することができます。

 

ペルソナを設定して

ペルソナに近い人に

アプローチを

かけていき

レスポンスを

取っていき

それを踏まえた上で

どのようなアクションを

取るのかを

決めることができるので

後出しジャンケン

のような感じです。

 

相手がグーなら

パーを出す、

 

相手がチョキなら

グーを出す

 

といった感じで

相手のレスポンス次第で

こちらのアクションを

変更することができます。

 

既存の商品・

サービスの改良に

利用することも

できますし

新規の商品・

サービスにも

活用することが

できます。

 

また、

すぐに販売を

するのではなく

信頼関係を構築してから

販売をしていくので

売り上げに繋がりやすく

大企業ではなく

個人でビジネスを

している人でも

比較的取り入れやすい

マーケティング

手法になります。

 

信頼関係を構築してから

販売をかけるので

商品・サービスの

リピートや

次の高額商品の

購入率を高くすることも

できるので

さらに売り上げを

伸ばすことも期待できます。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です