マーケティングで効果的なフロントエンドを完全理解

ピンポイントで

顧客の心を掴む

マーケティングでは、

いかに最初の

アプローチを

行うのかで

試行錯誤をしています。

 

顧客にはただの

冷やかしから

購入する意思が

強い常連まで

色々なタイプが

いるので、

最初に買って

もらいやすい

フロントエンドの

商品を工夫するのが

効果的です。

 

とにかく自社の

技術やノウハウが

詰め込まれた

商品を実際に

使ってもらうことが、

マーケティングに

おいて大切になります。

 

 

フロントエンドでいかに

集客するのかがポイント

 

子どもですら

インターネットで

商品の比較を

する時代では、

フロントエンド

の商品で

集客することが

重要です。

 

消費者に利用して

もらうことは

一番の宣伝広告

でもあり、

体験した人が

周囲の知人や

家族に話して情報が

伝わっていきます。

 

マーケティングは

まだ自社の存在や

商品を知らない人に

アピールすることに

主眼を置いているため、

フロントエンドの

商品については

認知度の向上や

ブランド化を

目的とした企画です。

 

 

使ってみて

良かったという

感想を引き出すための

フロントエンド

の商品は、提供する

企業にとって

利益度外視

になります。

 

むろん、

赤字を前提として

考える必要は

ないものの、

それでも多く

売れても薄利が

せいぜいという

計算です。

 

飲食店の

ランチメニュー

における

ワンコインの定食が

代表的な

フロントエンドの

商品で、誰もが

認めるコスト

パフォーマンスの

高さと美味しさを

両立しています。

 

全体的に

ランチメニューが

割安であるのは、

お店のファンに

なってもらうことが

目的です。

 

 

利用者を集めれば、

企業の経営

として様々な

戦略を考えられます。

 

フロントエンド

の商品では

赤字かトントンの

採算だとしても、

集めた顧客に

対する販売促進に

よって大きな

売上につながるのです。

 

人間心理として

自分が認めた

相手からの要求は

受け入れやすいので、

多少の出費であっても

思い切って決断する

傾向にあります。

 

特に、お店に

来てもらって、

 

フロントエンドの

商品を体験して

もらいながらの

営業では、

高級家具などの

高額の商品まで

スムーズに

勧められます。

 

バックエンドの商品へ

つなげることで

売上アップになる

 

マーケティングの

最終目的は、

バックエンド

商品の販売です。

 

フロントエンド商品から

利益を十分に確保した

本命の商品へと

誘導することで、

いきなりお勧め

しても断られやすい

高額のものでも

アッサリと売れます。

 

採算を無視して

魅力的な

フロントエンド商品を

提供するのは、

バックエンド商品

の売上によって回収

できるからです。

 

できるだけリピーターに

なってもらい、

バックエンド商品を

買ってもらえる形

にしなければいけません。

 

 

フロントエンド商品は、

あくまでお試しです。

 

そのため、

無料体験や通常の

半額といった

驚くべき金額で、

あまり興味がない

消費者まで

引っ張ってきます。

 

しかし、

本命のバックエンドの

商品は、

フロントエンド商品で

発生した赤字分の

穴埋めという

意味でも、豪華な

内容にするのが

基本です。

 

飲食店では

2人以上の夕食としての

料理や飲み放題付き

のコース、レッスンや

美容では一定期間の

チケットと、

強い関心がある

顧客が満足する充実した

プランにしましょう。

 

 

類似した商品やサービスが

並んでいる現代社会では、

常に他社と

比較されることを

念頭に置いて

マーケティングを

行う必要があります。

 

いくら

良い商品を提供しても、

利用者が少ないままでは

注目されません。

 

本当に優れた点が

あるのならば、

フロントエンドの商品を

触ってもらうことで

分かってもらえます。

 

購入の段階までなかなか

進まない現状を正しく

理解して、売りやすい

フロントエンドの商品で

広くアピールする戦略に

切り替えるのが

お勧めです。

 

 

ネット通販では

フロントエンドの

商品の有無で売上が変わる

 

インターネットは

競争が激しく、

検索結果で

最初の1ページ目に

表示されることが

生き残るための必須条件

とまで言われています。

 

主にオンラインで

販売するネット

通販においては、

ネット上で話題になる

セールスポイントを

作ることが大切です。

 

フロントエンドの商品は

話題性を作るのに

ぴったりで、

マーケティングとして

大きな効果を

発揮しています。

 

お得なフロントエンドの

商品があれば、

仮に検索結果が

振るわない状態でも

口コミで消費者が

次々にアクセス

してきます。

 

個人事業主や

ベンチャー企業では、

マーケティングとしての

フロントエンド戦略が

欠かせません。

 

まともにぶつかったら

資本力とブランドがある

大企業に負けてしまうため、

宣伝広告を兼ねた

フロントエンド商品

によって競合他社を

突き放せる

アピールを行うことが

成功の秘訣です。

 

とりあえず

1回は試してみようと

誰もが考えるので、

その時には

バックエンドまで

進まないとしても、

自社について詳しく

知ってもらえます。

 

ネット通販では

アクセス数も

大きな要素になるので、

フロントエンドの商品を

全面的にアピール

することでSEO対策

にもなります。

 

期間限定のように

区切りを設けることで、

ブランドを傷つけずに

一時的なものだと

消費者を納得

させられるのも、

多くの企業で

フロントエンドの

商品による

マーケティングが

採用されている理由です。

 

お試しだけで

離脱されるリスクは

否めませんが、

自社に接点を

作れるメリットの方が

大きく上回ります。

 

まとめ

マーケティングの

フロントエンド商品

による認知度の向上は、

かなり効果的です。

 

利益を考えない

価格設定や

内容によって

利用者を満足させて、

本命のバックエンドの

商品を買ってもらうのが

目的となります。

 

仕組みを作るのに

コストがかかる等の

デメリットは

あるものの、

ネット通販が

主流になってきた

現在では

フロントエンドの

商品で

集客する

テクニックが

欠かせません。

 

本来なら不可能な無料や

格安のお試しは、

消費者に対して

強い印象を残します。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です