Gmailアカウントの開設と使い方

GoogleはAndroid OSの提供元です。従って、Gmailアカウント(Googleアカウント)の登録は、Andoroidスマホを使用する上で必須と言えます。

Gmailアカウントを登録をすると、新しい「アプリ」を公式サイトの「Google Play」からダウンロードできるようになります。

つまり、Andoroidスマホで新しいアプリを利用するにはGmailアカウントが必要であり、ほとんどのAndroidスマホ利用者はGmailアカウントを保有しています。

一方、iPhoneはAppleの製品であるため、インターネットを利用する上で、Gmailアカウントの必要性はありません。ただ、Gmailアカウントを開設することは可能です。

●AndroidからGmailアカウントを開設
1.ホーム画面で「アプリ」をタップします。
2.「設定」をタップします。
3.「アカウント」、「アカウントを追加」、「Google」の順にタップしていきます。
4.「アカウントを作成」、次に「自分用」をタップします。
5.姓と名を入力し、「次へ」をタップします。
6.生年月日と性別を入力し、「次へ」をタップします。
7.ユーザー名(@gmail.comの前の文字)を入力し、「次へ」をタップします。入力したアドレスがGmailアカウント(Gmailアドレス)になります。
8.パスワードを設定します。確認のため2ヶ所へ入力し、「次へ」をタップします。
9.電話追加の画面ではそのまま「スキップ」をタップします。
10.プライバシーポリシーと利用規約の画面が表示されるので、内容を確認した上、ページ最下部の「同意する」をタップします。
11.「ありがとうございました」の画面で出れば、アカウントの開設は完了です。

●iPhoneからGmailアカウントを開設
1.ホーム画面で「設定」をタップします。
2.「パスワードとアカウント」、「アカウントを追加」、「Google」の順にをタップしていきます。
3.「アカウントを作成」をタップします。
4.姓と名を入力し、「次へ」をタップします。
5.確認コードを受取るための電話番号を入力し、「次へ」をタップします。
6.表示内容を確認し、「確認」をタップします。
7.SMSで送信されてきた6ケタの確認コードを入力し、「次へ」をタップします。
8.生年月日、性別を選択し、「次へ」をタップします。
9.任意のユーザー名を入力し(Gmailアカウント及びGmailアドレス)、「次へ」をタップします。
10.パスワードを設定し、2ヶ所に入力後、「次へ」をタップします。
11.電話追加の画面ではそのまま「スキップ」をタップします。
12.プライバシーポリシーと利用規約の画面が表示されるので、内容を確認した上、ページ最下部の「同意する」をタップします。
13.「ありがとうございました」の画面で出れば、アカウントの開設は完了です。

●パソコンからGmailアカウントを開設
1.ブラウザでGmailのページを開き、「アカウントを作成」をタップします。

2.アカウントの作成画面で姓と名、ユーザー名(@gmail.comの前に付きます)、パスワードを入力し、「次へ」をタップします。

ユーザー名に使用できる文字はアルファベット(a~z)、数字(0~9)、ピリオド(.)で、6文字から30文字の間で指定します。

なお、「ユーザー名」が既に他者に使用されている場合は変更するように指示されます。その場合は、ユーザー名を変更します。

パスワードで使用できる文字は半角英字、数字、記号で8文字以上です。確認のため同じものを2回入力します。

3.個人情報と電話番号などを入力する画面が表示されます。「電話番号」と「再設定用のメールアドレス」については後から設定できるので、省略が可能です。「生年月日」と「性別」を入力し、「次へ」をタップします。

4.プライバシーポリシーと利用規約のページが表示されます。最後までスクロールすると出てくる「同意する」をタップします。

5.Gmailアカウントの作成が完了し、Gmailのサービス画面が表示されます。

●iPhoneにGmailアプリのインストール
Gmailはブラウザからも利用できますが、Gmailアプリを使うこともできます。Androidスマホにはプリインストールされています。

以下の手順でGmailアプリの設定を行います。
1.App StoreからGmailアプリをダウンロードし、起動します。

2.「ログイン」をタップします。

3.「アカウントの追加」画面で、Googleをタップします。

3.ログインの画面に移動するので、アカウント登録で作成したメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」をタップします。

4.ログインに成功すると、名前と登録したメールアドレスが表示されます。

●Gmailアプリの基本的な使い方
Gmailでの送受信は以下のように行います。なお、パソコンも画面のレイアウトは大体同じですが、送受信の操作で一部違いがあります。

1.メールの送信
1)Gmailアプリを立ち上げます。

2)「メイン」画面が表示されるので、右下にある「鉛筆」アイコンをタップします。

3)「作成」画面が表示されます。「To」の欄に宛先のメールアドレスを入力します。Gmailの連絡先に登録しておくと、メールアドレスを全て入力しなくても検索してくれます。

メールアドレスの一部やメールアドレスの登録名の一部を入力すると候補が表示されるので、それをタップすれば宛先が入力されます。

4)「件名」と本文(「メールを作成」)を入力し、右上の「紙飛行機」アイコンをタップすれば送信完了です。

なお、ファイルを添付したい場合は、上段にある「クリップ」アイコンをタップします。メニューが表示されるので、「ファイルを添付」をタップします。添付したいファイルを選択すると添付されます。

2.メールの返信
1)届いたメールを開きます。

2)宛名の右端にある「矢印」アイコンをタップします。

3)「返信」画面が表示されます。「To」の欄にはメールの送り主のアドレスが入力されています(入力の省略)。本文(「メールを作成」)を入力し、「紙飛行機」をタップすれば返信完了です。

3.署名機能の利用
Gmailには「署名機能」があり、自分の連絡先などを設定しておくと毎回間違えずに入力できます。
1)「メイン」画面で、左上の「三」アイコンをタップします。

2)メニューから「設定」をタップします。

3)設定画面から署名を入れたいアドレスを選択します。

4)「モバイル署名」をタップします。

5)署名の入力画面が表示されるので、署名に入れたい情報を入力して「OK」をタップすれば完了です。

●まとめ
Gmailアカウントを開設すると、Googleのサービスをすべて利用できるようになります。AndroidのOSはGoogleから提供されているため、Android利用者には必須のアカウントと言えます。

なお、iPhoneの利用者でもGmailアカウントを開設することは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です