不労所得を得るためには?

不労所得とは、

働いて給料として

得る所得ではなく働かなくても

得られる所得の事を指します。

 

この不労所得が

得られるようになると、

収入のアップや

自由な時間を

増やす事ができるように

なりますので

うれしいですよね。

 

この記事では、

不労所得を得るための

方法について解説していきます。

 

不労所得を得る方法

 

不労所得の代表的なもの

として株式や債券等の

金融商品から得られる

利子や配当、不動産からの

家賃収入、オーナー

ビジネスからの事業収入や

権利収入等が挙げられます。

 

これらの不労所得は

普通の人が始めるためには

資金やノウハウが必要

となる場合が多く、

ハードルが高くなって

しまうようにも見えます。

 

しかし現在では、

一般的なサラリーマンでも

比較的簡単に不労所得の

仕組みを作り出すことが

できる時代になってきています。

 

つまり、

どんな人にも不労所得を

得られるチャンスが

あるのです。

 

きちんとした情報収集や

リスクの管理ができるよう

になると、誰でも少ない

資金から不労所得を

得ることができるように

なります。

 

一般的にハードルが高いとされる

不労所得に簡単にアクセスできる

方法や考え方について、

具体的に紹介していきます。

 

金融商品から得られる利子や

配当金融商品から

得られる利子配当も

不労所得の一種です。

 

しかしある程度の所得を

得たい場合は、それなりの

資金が必要になってくると

考える人も多いでしょう。

 

確かに資金が0から

始めることは

難しいですが、

100万円程度の

資金からそれなりの所得を

得るおすすめの方法があります。

 

それは

FXを利用した

高金利通貨への投資です。

 

FXでは海外の高金利通貨に

レバレッジをかけて

資金の数倍の規模の

投資をする事ができます。

 

トルコリラやメキシコペソ、

南アフリカランド等が高金利通貨の

代表例です。

 

これらにレバレッジをかけて

保有する事で、リスクを

コントロールしながら

年利30パーセントから

40パーセント程度の

金利収入を事が可能です。

 

 

100万円の資金があれば

1か月で約3万円の

不労所得になります。

 

この所得を再投資して

複利で運用する事で、

5年程度で月に10万円を

超える不労所得

になります。

 

さらに高いスワップポイントの

収益を狙う事も可能です。

 

ただし、

FX投資ではリスクを

コントロールしていく

という事が重要となります。

 

常に世界の経済情勢等の

情報収集を怠らず、

臨機応変な対応が

求められるように

なってくるでしょう。

 

また

不動産投資をする事で

家賃収入を得ることが

できるようになります。

 

不動産投資と聞くと

資金がかなり必要に

なってくると思う人も

多いかもしれませんが、

資金がまったくなくても

始める事ができます。

 

それは、

不動産投資の場合、

銀行の借り入れを

利用することが

できるからです。

 

投資した不動産が

担保になるため

資金がなくても融資を

受ける事ができます。

 

不動産投資と

一口に言っても

様々なものがありますが、

おすすめはアパート経営と

太陽光発電投資です。

 

アパート経営は空室率や

経費のコントロールが

しやすく経営の自由度が

高くなります。

 

工夫をして運営していけば、

高収益物件としての転売で

売却益を得ることも可能です。

 

 

太陽光発電投資は、

売電価格等が

あらかじめ決まっているため

収益が安定するという

メリットがあります。

 

利回りも安定して高いため、

早期に元本の回収と融資の

返済ができるようになるでしょう。

 

ただし、

不動産投資の為の融資を

受ける際には審査が

必要になります。

 

ある程度の所得が

あるサラリーマンの人の

場合は比較的通りやすいのですが、

 

そうではない場合は審査が厳しく

なるような事もあります。

 

 

事業収入自らが労働をせずに

オーナーとなっている

事業からの収入も

不労所得です。

 

事業を始めると聞くと

かなり難しくて

ハードルが高いように

感じてしまう人も

多いと思います。

 

しかし、

誰でもアイディア次第で

資金もほとんど使わず

収益性の高い事業を

始める事ができます。

 

 

まず、

 

事業から不労所得を

得るためには仕組み作りが

重要となります。

 

 

例えば、

レストランや雑貨店等の店舗を

経営する時に店長を雇って

すべて任せてしまうことが

できれば、そこから得られる

所得は不労所得となります。

 

また、

アフィリエイト等の

サイト運営で収益を

出したい場合は、

サイトの構築や記事の

作成を外注して利益を

出すことができれば

それも不労所得となります。

 

サイト運営の場合、

作ったサイトが

ヒットすると半永久的に

利益を生み続ける

という事もあります。

 

もちろん外注を

していく場合は、

元請けとしてのリスクを

取る必要が出てきますが、

一度軌道に乗ると

息の長い収入源になります。

 

まとめ

不労所得について

具体例を交えながら

解説していきました。

 

一般的に資金が必要とされる

ものでも仕組みや情報を

理解する事によって、

どんな人でも手軽に始める事が

できるようになります。

 

まずは、

 

きちんと不労所得に対する

理解を深めていく事が重要です。

 

しっかりと勉強していけば、

誰でも不労所得を手にする事が

可能となります。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です