男性と女性の本能による違い

男性と女性の

本能による違いは

あるのでしょうか。

 

同じ人間なのでさほど

考えていることは

かけ離れているとは

思えません。

 

しかし、

生活の中で気持ちが

すれ違ったり、

全く別のことを

考えていたりと

違いは明らかです。

 

では、

男性と女性の本能の

違いに迫って

みましょう。

 

*男性の脳と

女性の脳よく、

「男脳」「女脳」

などといって、

脳の違いを

あげることを

耳にします。

 

この由縁は

一体どこから

くるのでしょうか。

 

実は、

仕組み自体が

違っていて、

だからこそ

ものの感じ方や

考え方などが

違うのです。

 

対象となる

価値観が

全く違って

いるので、

これが

恋愛に

顕著に現れます。

 

例えば男性は

自分の許容範囲の

女性が嬉しそうに

側に居ると、

それだけで

幸せを感じる生き物。

 

ニコニコと

笑顔を

向けられていると、

とても心地よく感じて、

その女性を

大事にしたい

という気持ちが

出てきます。

 

一方で女性の方は、

さほど

気に入らない男性が

もしも近寄ってきて、

そばで笑顔で

ニコニコと

されていたら

気持ち悪くなって

更に嫌悪感を

表します。

 

更に、

好みの許容範囲が

男性よりも狭いのが、

女性の脳みその

特徴でもあります。

 

*記憶や感情の

対処法が

違う男性は

嫌なことや

怖いこと、

不安なことは

一晩寝れば

忘れると

言った単純な事で、

記憶を操作

しています。

 

少し時間が経って、

物事が解決

していれば

万事OKと言った

ストレートな

考え方です。

 

極めてシンプル。

 

自分の気持ちと

向き合う

という行為を

ほとんどしません。

 

男性はこの

繰り返しで、

仕事の成功と

失敗を重ねて、

同時に年齢も

重ねていきます。

 

だからこそ

高いプライドを

持っていて、

会社での出世や

肩書きに

執着をします。

 

一方で女性は、

自分の気持ちの中で

白黒をはっきり

つけています。

 

「彼のどこが好きか、

どこが嫌いか」

 

「天気が良いか、

悪いか」

 

「人への評価、

優れている、

劣っている」

など。

 

間違っても

一晩寝れば

昨日のことは

忘れてしまう

なんてことは

ありません。

 

気持ちが

変化することは

あれど、

自分の気持ちを

常に認識

しています。

 

*言葉や表現力の

違い女性は

ガールズトーク

という言葉が

あるように、

心が通じ合うように

会話をしてコミュニ

ケーションを

図ります。

 

「どうして悲しいのか」

慰め合い、

「何で幸せを感じるのか」

と分かち合い、

言葉で表現して

次から次へと

話し合います。

 

そして

未来に向かって、

これからできることと、

成功し得ることを

きちんと

計算して誠実に

数え上げます。

 

一方で男性は、

そういう日常会話が

意思疎通

としてできるのかと

思いますが、

本質的に

できないもの。

 

なぜなら

男性には

その機能を

果たす機能が

そもそも

備わっていない

からです。

 

注意しなければ

ならないのは、

ここですれ違いが

起こります。

 

女性は気持ちを

言葉で表してほしい。

 

一方、男性は

それをしない。

(というか出来る

機能が

ほとんどない)

 

決定的な目に

見える違いは、

ここが一番大きい

のかもしれません。

 

*3D空間意識

の違い男性は

空間認識力が

高いのが特徴。

 

空間全体を把握して、

広さや構造を

瞬時に理解します。

 

そして

自分の居場所

を測ると言った

特殊な能力

を持っています。

 

この本能によって、

地図を読んで

地形を把握したり、

立体的な

プラモデルなどを

組み立てたりする事が

得意な訳です。

 

胸の張りや

お尻の大きさ、

ウエストの

締まり具合などの

女性を値踏みする時に、

この能力を自然と

使っています。

 

男性が女性の胸や

お尻が好きなのは、

やはり本能と言えます。

 

一方で女性は、

立体的にものを

見るように

生まれ持った

性質がないので、

横並びの

二次元の世界や

並列の感覚に強い。

 

例えば、

布を切って

物を縫い合わせる作業

などはこれに

当てはまります。

 

人間関係だって

みんな横並びで一緒。

 

協調して和を

はかりたがる

生き物です。

 

男性に対しても3Dで

値踏みする能力が

ないので、

体の凹凸よりも

顔がイケメンか

どうかが一番の

ポイントになります。

 

*決定的な脳の

構造の違いは

何かはっきり

とした違いは

「脳梁」と

言われる脳の部分。

 

これは右脳と

左脳を結ぶ場所で

男性よりも

女性の方が

太いのです。

 

それなのに

男性の頭の方が、

女性よりも

頭蓋骨

が大きいのです。

 

だから

脳梁も男性の方が

太くて大きいだろうと

思われがちなのですが、

そうではない。

 

一方で、

記憶を司る

ニューロンと呼ばれる

脳神経細胞は男性の方が

太いのです。

 

先にも述べたように

男性の体の方が

女性よりも大きいので、

こちらは当たり前

のように感じます。

 

にもかかわらず、

脳梁だけが女性の方が

太いんです。

 

これは何を意味するか

と言うと、

これによって

女性は近くのものを

すぐ見つけられる

能力を持っています。

 

一方で男性は

そうではありません。

 

好奇心旺盛に

その場所と

変わったものを

見つけ出したり

することの方が

得意です。

 

宝探しゲームなんかも

男性の方が得意

というわけです。

 

*時間の感じ方の違い

女性は時間をその分の

長さとして感じています。

 

時間枠に蓄積され、

ゆっくり

と流れていきます。

 

例えば、2週間後に

デートの約束をしたら、

その日から

2週間分の時間を

楽しめます。

 

一方で男性は結果のみを

考える傾向にあり、

2週間後のデートの約束に

無頓着であったり、

最悪、忘れてしまう

ケースもありえます。

 

忘れていないでデートに

来てくれても、

何のプランも

立てていなくて情報も

得ていないこともしばしば。

 

「約束守ったんだから

いいだろ。」という

感じです。

 

これは「デートをする」

と言う結果論だけが

見えている証です。

 

2週間という時の流れを

女性のように「準備して

楽しみにして過ごす」

という感覚がなく、

ただ二週間後だけが

ゴールなのです。

 

まとめ

 

こんなにも男性と女性に

違いがあったなんて

驚きですね。

 

本能的な違いがあると、

お互いが

理解できないのは

当然です。

 

まだまだ化学的に

証明されていない事は

多いでしょう。

 

しかしながら、

このように少しでも

歩み寄れるように、

研究していくことは

大事だと思います。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です