精神的なエネルギーの消費を抑える方法

人が生活していくうえで、

精神的にストレスと

感じてしまう出来事に

数多く出くわします。

 

できればストレスを

抱えたくはありませんが、

生きる以上は

仕方がないことです。

 

そこで、

精神的なエネルギーの

消費を抑える方法に

ついて紹介して

いきたいと思います。

 

1.人に過度の期待を

しない人が精神的に

エネルギーを消費してしまう

 

原因として

最も大きいものは

人間関係にあります。

 

自分と意見が

合わなかったり、

自分の意に

沿った動きを

相手にされなかったり

すると、

なんで自分の思った通りに

ならないんだと

怒りの気持ちが

湧いてきます。

 

その怒りをそのまま

相手にぶつけることが

できれば、

ストレスを抱えることは

ないのかもしれませんが、

相手にも相手なりの

考え方がありますし、

社会人としてそのような

振舞いをすることは

おかしいのは

明らかですから、

そのようなことは

できません。

 

仮に自分の方が

正しかったとしても、

怒りに任せた

応対をしたら、

その後は周りから

変な目で見られて

しまうことでしょう。

 

よって、

人はその怒りを

我慢して抑えようと

するために

精神的にエネルギーを

消費してしまいます。

 

また、精神的な影響

だけではなくて、

身体的な影響も

出てきます。

 

怒りの感情が

湧き出てくると、

人は無意識に

身体に大きな力を

入れて筋肉を

緊張させます。

 

それによって、

感情を抑えます。

 

その状態が

継続的に続いて

我慢がある

一定のところを

超えてしまうと、

最悪はうつ病や

自律神経失調症

などの病名がついた

状態にも

なりかねません。

 

精神的なエネルギーの

消費を抑えるためには、

人に過度の期待を

しないことが大切です。

 

自分がこういう風に

言ったら

こういう言葉が

返ってくるだろう、

あるいはこのぐらいは

当然やってくれるだろう

という予想をたてて、

相手にある程度の

期待をかけるものです。

 

それが裏切られた時に、

怒りの気持ちが

湧くものです。

 

では、

そうするだろうという

期待をかけなければ

どうでしょうか?

 

怒ってしまう原因が

ないのですから、

ストレスが

溜まることは

ありません。

 

また、

人によっては

こういう考え方も

あるんだという

学びも得られる

可能性があり、

自分の考え方の

幅が広がることも

あります。

 

周りからも

いろいろなものを

吸収しようとする

姿勢があれば、

精神的なエネルギー

の消費を減らす

ことができます。

 

 

2.自分なりの感情を

解放する方法を

見つけておく

 

過度の期待は

しないとはいっても、

全ての機会において

そのような

態度をとれるほど、

人は完璧には

できてはいません。

 

ストレスは

どうしても

溜まって

しまうものです。

 

そんな時は

感情を解放する

方法を自分なりに

見つけておくことが

大切です。

 

例えば

身体を動かすことが

好きな人は、

適度に汗を

流しながら運動を

することが

効果的です。

 

ストレスが

溜まっている

状態のときは、

自律神経は

交感神経のほうが

活発になっています。

 

ストレスを

軽減するためには

副交感神経を

活発にすることが

必要になります。

 

副交感神経は

体温が低下

するときに

活発になるので、

運動によって

一時的に

体温を上げて、

休息を入れる

ことによって

リラックス

することができます。

 

身体を動かさなくても、

周りに誰も

いない状態で

大声を出してみたり、

カラオケに

行って大声で

歌ったりするのも

いいでしょう。

 

身体のなかの

不純なものを

一気に身体の外に

出すイメージです。

 

スッと力が抜けて、

身体が軽くなるのを

実感できるはずです。

 

仮にストレスを

溜めても、

解放する方法が

分かっていれば、

精神的なエネルギーの

消費を抑えることができます。

 

3.ポジティブに物事を考える

 

精神的にエネルギーを

消費してしまう原因

として大きなものが

ネガティブに

物事を考えてしまう

ということです。

 

ネガティブ

に考えていると、

何か行動を起こそうと

するときにこうやって

果たしてうまく

いくんだろうか

とか自信がないから

やっぱりやめておこうか

とかいろいろ考えて

エネルギーを

たくさん消費してしまいます。

 

ポジティブに

物事を考えれば、

エネルギーの消費を

減らすことができます、

と言葉で

言ってしまうのは

簡単なことですが、

なかなかできるもの

ではないです。

 

そこで、

段階的に物事を

考えることが大切です。

 

例えば、

物事を達成

するために

5段階の作業が

必要だったとします。

 

いきなり5段階目を

見てしまうと、

やる気を阻害されて

ネガティブに

なってしまいます。

 

そこで、

まず1段階目を

達成することが

できたら自分を

褒めてあげることが

大切です。

 

周りからみれば

小さなことかも

しれませんが、

達成したという

事実が本人に

とっては自信

になります。

 

それの繰り返しで

5段階目に到達する

ことができたら、

大きな自信になり、

ポジティブに物事を

考えることが

できるようになるでしょう。

 

結果、精神的な

エネルギーの

消費が少なくなります。

 

4.まとめ

 

精神的に過大な負担が

かかってしまうと、

最悪は様々な病気に

かかってしまいます。

 

それを避けるためにも、

物事の考え方や

ストレスの解消方法を

身につけることが

とても大切です。

 

精神を豊かにして、

楽しく過ごしましょう。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です