個人から組織に至るまで重要なマインドセットを理解しよう

自己啓発で

よく見かける

マインドセットは、

それぞれの

思考パターン

のことです。

 

人間が行動を

する時には、

経験や知識、

あるいは所属による

バイアスがかかり、

知らず知らずのうちに

同じ行動になるケースが

多く見られます。

 

私生活では

どう考えて過ごそうと

個人の自由ですが、

 

スポーツ等の

競争に勝つ、

ビジネスで成功

するといった

事態では

マインドセットで

差が出ます。

 

組織のマインドセットは

長期的に影響を及ぼす

 

人が集まっている組織は、

法人のように人格を

持った単体と

見なされます。

 

そのため、

組織のマインド

セットについても、

どのように考えて、

どう行動するのかを

分析しているのです。

 

社会人として

上司の指示に

従うべきと

言っても、

では具体的に

どういうビジョンに

基づいているのか

といった

全体の指針が

求められます。

 

特に、上司の

采配が悪い時や、

社内で前例が

ない新ビジネスへの

参入では、

組織のマインド

セットが

適切に機能

するのかどうかで

結果が全く

異なるのです。

 

日本で知名度が

高い組織である

企業の

マインド

セットでは、

いかにして

利益を出すのかが

問われます。

 

したがって、

扱っている商品の

特徴、経営者が

代々受け継いできた

理念が主な

要因となるのが

一般的です。

 

企業が長年の

経験から学んできた

ノウハウは

明文化されて

いなくても

重要な

ポジションにあり、

時には経営上の

失敗から社風が

大きく変わる

キッカケにも

なります。

 

同じ業界で

あっても

会社によって

雰囲気や

業務の進め方が

変わるのは、

組織としての

経験の違いに

よるものです。

 

経営者と役員は、

組織の中枢で

最終的な

決定を下します。

 

けれども、

組織は

多くの部署が

活動することで

成り立っており、

各セクションで

指揮を執る

リーダーの

マインドセットは

とても重要です。

 

個人の性格は

そう簡単に

変えられない

ものの、組織の

方向性に沿って、

率先して物事を

こなしていく

姿勢を見せることで

部下や同僚が

ついてきます。

 

他のメンバーに

直接的な影響を

与える指導

についても

マインド

セットに

含まれており、

寛容さを示し、

委縮させないことが

推奨されています。

 

できる個人は

マインドセットが

上手い

 

個人のマインド

セットでは、

生まれ育った

境遇による経験と

教育が

関わってきます。

 

ポジティブ

思考によって

道が開けると

誰もが分かっている

反面、過度に

周囲の目を気に

することで

行動しにくくなる

ケースが

珍しくありません。

 

挫折しても

諦めずに頑張る

成長型の

マインドセット、

要するにグロース

マインドセットが

理想的で、

上手くいくまで

根気強く

取り組む姿勢に

つながります。

 

人間はフィックス

トマインドセット

という消極的な思考に

陥りやすいだけに、

趣味による

気分転換や

他者との

コミュニケーションが

大切です。

 

高性能の情報端末と

高速インターネット

の登場によって、

現場の作業者で

あっても

マインドセットを

意識する必要性が

出てきました。

 

デジタルコンテンツは

作成に手間がかかる上に

他者に対して進捗状況の

証明が難しい側面が

あります。

 

自分がきちんと仕事を

しているのに

上司や先輩から不当

に非難されることが

発生しがちで、

システム構築

といった大勢で

取り掛かる

プロジェクトでは

顕著です。

 

適切なマインド

セットによる

構成員の

モチベーションの

維持は、

組織として真剣に

考えるべき

項目に

なっています。

 

同じ時期に

入社しても、

なぜか

周囲から

気に入られて

評価される

タイプと、

真面目であるにも

関わらず

低めの評価しか

得られないタイプに

分かれます。

 

要領の良さでも

ありますが、

ポジティブ

思考ができる

マインドセットも

関係している

ことが多いです。

 

ビジネスでは

与えられた課題を

何としてでも

成功させる必要が

あるので、

自己肯定によって

冷静にチャンスを

見つける

グロース

マインドセットを

養っていきましょう。

 

周囲に振り回されない

めのマインドセット

 

小さなことでも

良いから、

1つずつ物事を

完遂することが

大事です。

 

失敗を恐れずに

チャレンジして、

まず行動してみる

習慣を

心がけましょう。

 

自分の

マインドセットを

良い方向に変えるのは

時間がかかるため、

焦らずに

ポジティブ思考へと

変化させていく

ことをお勧めします。

 

有名な手法が

PDCAサイクルで、

Planによって

計画を立てて、

Doによる実行、

Checkで評価を行い、

Actによる改善まで

しっかり行うのが

ポイントです。

 

やりっぱなしでは

同じ失敗を

繰り返しますし、

行動しなければ

何も変わりません。

 

自分が所属する組織は、

普段の生活で長時間

過ごす場所です。

 

したがって、

自分の

マインドセットを

改善することで、

周囲へ良い影響を

与えることも

意識しなければ

いけません。

 

目標を設定して、

それに協力して

向かっていくことは、

学校生活から

職場での勤務まで

一貫して続くことです。

 

周囲を味方につけ、

お互いに

肯定しながら、

1人では不可能な

実績を作りましょう。

 

関係者の

マインドセットを

改善させれば、

自分の負担の

軽減にもなります。

 

いくら個人で強靭な

マインドセットを

形成しても、

組織そのものが

潰す方向に

機能していたら

無意味です。

 

周囲に振り回されない

優良な

マインドセットが

あるのならば、

転職によって

環境を変えてしまう

ことも視野に入ります。

 

現在のマインドセット

において

ネガティブ

である場合でも、

その原因は

在籍している組織

という可能性があります。

 

かつては

終身雇用と年功序列で

会社に

しがみついているだけで

安泰でしたが、

もはや個人が

組織に見切りを

つける段階に

入っているのです。

 

まとめ

成功者が

必ず身につけていると

言われている自己肯定の

マインドセットですが、

実際には生まれ育った

環境から関係しています。

 

個人の資質を変えるのは

難しいものの、心構えや

行動パターンの変更によって

少しずつ変えられるので、

気長に取り組んでみましょう。

 

日記のように自分の考えを

残していくと、理想的な

グロースマインドセットに

近づけます。

 

ただし、企業の体質といった

組織の運営面がネガティブの

原因である場合は、個人では

変革が困難だから転職活動に

よって打開するのが

現実的です。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です