社長のための時間術

1日24時間どんな人にも

公平に平等に与えられて

いるのが時間です。

 

とはいえあまりにも

やることが多い、

また考えることが

多すぎるために

時間が足りない

あるいは仕事の

拘束時間が長いために

自分の

時間が取れない。

 

あるいは仕事ばかりで、

家族やプライベートのために

時間を使うことができない、

などの悩みを抱える

かもしれません。

 

それは生活を余裕のない、

満足感のないもの

してしまうものです。

 

ではそのような人は

どのようにして

時間を確保

できるのでしょうか。

 

1.より重要なことを見極める

これは優先順位を見極める

ともいえるかもしれません。

 

つまりやらなければ

ならないことを

後回しにせずに、

それを先に

済ませてしまうことです。

 

それは仕事かもしれませんし、

病院での検査かもしれません。

 

あるいは家族との一緒に過ごし

何かをすることかもしれません。

 

それは人によって

違いますが、

いずれにしても

絶対にしなくては

ならないことを

まずするという意識を

持ち、それを予定に

入れることです。

 

それを済ませてしまうと、

それ以外のことは、

やってみたいが、

それほど重要

ではないものという

ことになります。

 

それはできても

できなくても、

それほど困らない

ものであり、

それほど大きなこと

ではありません。

 

もしそれをしても

時間がないという人は、

何らかのすべきことを

思い切って止める

必要があるのかもしれません。

 

その場合には

オーバーペースであり、

キャパを超えて

しまっている状態とも

いえるでしょう。

 

どんな強い人間

であったとしても、

時間を確保し

休むことは必要です。

 

いずれにしても、

より重要なことを

先に確実にすると、

後の時間を確保でき、

それがプライベートでの

リラックスタイムに

つながるでしょう。

 

2.シンプルな生活を心がける

次から次へと

発表される新製品は

魅力的なものばかりであり、

それらを追い求めることは

楽しいかもしれませんが、

あこもこれも欲しいと

物質中心の生活をすると、

それだけそれに

時間を取られてしまいます。

 

新しい電化製品は

便利で使いやすく、

デザインが良いかも

しれません。

 

ですが、

それを使いこなすために

説明書を読んだり、

ネットで調べたりし、

それに時間が

取られてしまうのでは

ないでしょうか。

 

特に今のままで生活するのに

問題がないのであれば、

そのままの電化製品を使うのは、

悪いことではありません。

 

むしろ、

 

あれもこれも欲しいと、

ネットで調べたり、

それを持つことで

そのために使う時間が増え、

それがストレスを

溜めてしまうことに

なりかねません。

 

特にスマートフォンは

新機種が出ると、

欲しくなりがちです。

 

ですがそれを

使いこなすために

かなりの時間を使い、

他のことのために

時間を使えなく

なってしまう

可能性があります。

 

シンプルライフは、

物に執着せず、

そこに関心を

あまり向けないので、

結果として時間を

確保しやすいのです。

 

3・効率的に時間を使うことを心がける

時間を確保するためには

どうしても

クオリティータイム

作り出す必要が

あります。

つまり、

質を重視するのです。

 

短い時間で

それを成し遂げるとか、

何かをしているときに、

別のことも

してしまうという感じです。

 

例えば、

車で30分移動しなければ

ならない時には、

車で運転しているので、

電話はできないと

思い込むものですが、

イヤホンをし

電話ができるかもしれません。

 

また、

美容院で待ち時間が

できないように

前もって予約できる

お店に行くとか、

病院の診察も予約を

入れる習慣にします。

 

行き当たりばったりで

動かずに、計画的に

何でもするのです。

 

仮に待ち時間が

どうしてもできてしまう時は、

その時間に勉強したり、

仕事の段取りを

したりできるかもしれず、

ただ時間だけが

過ぎてしまったということが

ないようにします。

 

そしてオススメは、

朝早起きをすることです。

 

今までよりも

30分早く起きるだけで、

その30分を自分の

使いたい時間にできます。

 

夜は疲れてしまい

集中できない人が

多いのではないでしょうか。

 

そうであればだらだらと

時間を過ごし夜遅くまで

起きているよりも、

朝早く起きて、

その時間集中して

やってしまう方が効率的だし、

良い仕事ができるでしょう。

 

いずれにしても、

朝どれだけできるかで、

1日の時間をどれだけ確保できるかが

決まってくることは多いのです。

 

このように3つの点を

考え時間を確保する方法や

考え方を

考察してきました。

 

①より重要なことを見極めて、

 まずすべきことを確実にすること。

②シンプルなライフスタイルにすること

③効率的に時間を使うようにすること。

 

時間を確保できるような

スタイルの生活を

することは可能であり、

それが充実感や、

仕事以外の家庭や趣味との

バランスにもつながります。

 

そしてそれは、

いつも時間に追われるような

慌ただしい、

そして気持ちに余裕のない

暮らしではなく、

忙しい中でも気持ちに

余裕を持たせ、

毎日が流されず、

時間を支配することが

できるでしょう。

 

そして時間を

確保できることで、

より多くのことを

成し遂げることが

できるのです。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です