PrimoPDFのインストール方法と使い方

PrimoPDFの インストール方法と 使い方

PrimoPDFは、さまざまなファイルをPDFに変換するためのフリーソフトです。
手元にあるファイルをPDFに変換したいと思った時、すぐに思い浮かべる方法は、
専用のPDF変換ツールを使うことだと思います。
ただ、専用のツールは専門的だったり、使い方が難しかったり、といったイメージを
持たれているのではないかと思います。

そんな時に紹介したいのが、このPrimoPDFというフリーソフトです。
印刷可能な書類(officeアプリケーション)、ブラウザで表示しているホームページ
といった印刷機能のあるアプリケーションで表示しているファイルを、手軽にPDFに
変換することができます。
ここでは、その特徴や使い方をみていきたいと思います。

・紙に印刷するようにPDFへ変換

Officeアプリケーションやホームページなど印刷機能をもつアプリケーションに
対応したファイルを、紙に印刷するような感覚で、簡単にPDFに変換することができます。
OffcieファイルをPDFに変換するだけなら、最近では、アプリケーション自体がもつ
書き出し機能を利用すればよいでしょう。
しかし、なかにはPDFへの書き出し機能を持っていないアプリケーションもあります。
そういったアプリケーションに対応したファイルであっても、このPrimoPDFを
利用することで気軽にPDFに変換することができます。
さらに、単にPDFに変換するだけではなく、既存のPDFに追加するという特別な
機能も持っているのです。こちらについては、後ほど、説明します。

使い方は、簡単です。
アプリケーションの印刷画面で、普段、使っているプリンターではなく、
インストールしたPrimoPDFを選択します。つまり、このフリーソフトは、
仮想プリンターとして動作するということになります。

印刷画面にて、プリンターに「PrimoPDF」を指定します。そうすることで、
いつものプリンターで紙に印刷するという操作にかわって、パソコンのなかに設置された
PrimoPDFという仮想のプリンターが、紙のかわりにPDFファイルという形に変換してくれます。

最近では、環境面の問題などもあり、紙の状態で保存するよりも電子データとして、ファイルを
保存する機会の方が多くなっています。PDFであれば、Officeアプリケーションとは違い、
「バージョンが変わってしまい、ファイルが開けなくなってしまった」ということは、
ほぼありません。そういった場面でも、役に立つのではないかと思います。

・作成したPDFは、キーワード検索に対応

作成したPDFを、PDF閲覧ソフトで表示してみてください。
そして、検索ボックスを表示させ、文書内にある適当な言葉を検索してみてください。
検索されると思います。これは、PrimoPDFによって変換されたPDFは、画像ではなく
文書として保存されていることを意味しています。

あるファイルをPDFに変換するツールは、もとのファイルを画像としてPDFに変換するものと、
もとのファイルを文書としてPDFに変換するものに大別されます。
画像として変換された場合には、文字や文章の検索を行うことはできません。つまり、
資料としての価値が減ってしまうことになります。また、画像のため、コピーして他の
アプリケーションに貼り付けるような操作もできないことになります。
PrimoPDFで作成されたPDFは、検索も可能、コピーも可能となっています。

PDFは、WindowsとMacといった異なるOSでのデータの受け渡しでも、
ほぼ問題なく行うことが可能です。そんなとき、画像ではなく文書として
やりとりすることができれば、文書の再利用も行いやすくなります。

・新規のPDFとして保存するか、既存のPDFに追加するか、選択可能

単にPDFに変換してくれる、というだけではありません。
印刷時に表示されるダイアログで「オプション」ボタンをクリックします。
そうすると、オプション画面が表示されます。

このオプション画面で、新規のPDFとして保存するか、既存のPDFに追加するかを
選択することができます。
【Append】をチェックすると、既存のPDFへの追記になります。
【Overwrite】をチェックすると、新規、もしくは、上書きでPDFに変換できます。

この【Append】機能により、複数のファイルを1つのPDFにまとめることも可能になります。
仕事などで、ExcelのファイルをPDFに変換したのち、WordをPDFに変換するとします。
そのとき、「この2つのファイルは関連があるのでまとめてPDFにしたい」という場面は、
よくあると思います。
また、ある事柄についてインターネットで調べる際などに、複数のホームページに
渡って調べることもあると思います。そういった際にも、既存のPDFに追加していくことで、
一覧性の高い、わかりやすい資料としてのPDFを作成することが可能です。

プライベートでも、好きなアーティスト、好きな料理のレシピなどのホームページを、
まとめて1つのPDFに変換しておくなどすれば、自分だけのスクラップブックのようなものを
作成することもできます。

いづれの場合でも、前述のように、PrimoPDFで作成したPDFは「文章内での検索も可能」なので、
欲しい情報、必要な箇所の検索も簡単に行うことができます。

・まとめ

PrimoPDFの使い方と特徴について、みてきました。
まず、印刷時にPrimoPDFを指定することで簡単にPDFに変換できることを紹介しました。
次に、変換されたPDFファイルは文章の検索やコピーなどが行えることを説明し、
最後に、PDFに変換する際には上書き保存や既存のPDFに追加できるという特徴を
お伝えしました。

さまざまなファイルをコンピューター上で保管、管理する機会は、ますます増えていくものと
思います。そして、ファイルの形式としてPDFが指定されることは良くあります。
そういった際には、このPrimoPDFが、きっと、役に立つはずです。
変換専用ツールのような難しい操作ではなく、紙に印刷するように簡単な操作で、さまざまな
ファイルをPDFに変換できる手軽さを、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です