リセールライトとは

あなたは

リセールライトを

ご存知でしょうか。

 

もしかすると、

聞いたことがないかも

しれないですね。

 

そこで今回、

リセールライトとは

何なのかについて

話したいと思います。

 

そもそも

「リセールライト」とは

 

リセールライト

というなじみが

薄いこの単語、

英語にしますと

「Resaleright」

つまり

「再販の権利」

のことを表します。

 

英語圏では

「初心者でも

問題なしの

インターネット

ビジネス」

として注目されており、

人気を博しております。

 

方式としましては、

コンテンツ販売と

ほぼ同じです。

 

コンテンツ販売の

手法だとPDF商材、

販売サイトの

セールスレター

など商材の種類は

多岐にわたりますが、

 

リセールライトを

うまく活用すれば

商材や販売サイトを

他から仕入れて

くることができます。

 

その結果、

自分で何でも

作らなくて済み、

販売活動に

専念できるように

なるという

メリットが

生まれるのです。

 

これこそが、

リセールライト最大の魅力

といえるでしょう。

 

リセールライトが

おススメな人

 

こうした

リセールライトが

普及してきたことから

考えるに売れる商材と

販売サイトを探し

回っている

ネットマーケッターの

数も急増してきていると

考えられます。

 

つまりは、

例えば文章力をもっと

上げたいと強く願っている

ライターさんの需要が同時に

高まってきていることを

表します。

 

ライターさんの場合、

これを逃さない手は

ないでしょう。

 

そうと決まれば

早速クライントを

探そうとなるのですが、

その前に

ソーシャルメディアでの

活動経験を重ね、

集客のノウハウを

構築していき、

「果たして

自分はどれくらい

リセールライト製品を

売り込めるのだろう」

ということを

確認してからの方が

良いかと思います。

 

ここから、

リセールライト

というのは

インターネットにおける

コンテンツを

販売する際の

練習用教材としても

成り得ると言えるのです。

 

このリセールライトで

要領を掴み、実績などを

積み重ねていけば、

いずれお客様に対して

説得力のある

マーケティングを

展開することが

できるようになります。

 

これにより、

うまくいけば

莫大な売り上げを

あげることだって

可能になるのです。

 

リセールライトで

覚えておくべきポイント

リセールライトは

ライティング初心者

の方にも

おすすめというのは

上述した通りです。

 

ではリセールライトを

活用する際のポイント、

つまり利点や欠点、

また確認しておくべき点が

あるとすれば、

それは何なのでしょうか。

 

ポイントを見ていきましょう。

 

ポイントその1

「テーマの取り扱い方」

いきなりですが、

あなたは「こんなテーマを

推していきたい」

というものは

ありますか?

 

恐らくそれは

「リラクゼーション」

だったり「健康」

だったりと

まちまちかと思います。

 

当然のことかも

しれませんが、

 

自分が興味のある、

または得意な分野を

選んでいくように

するのがベターです。

 

販売活動には

統一性が

結構重要です。

 

テーマを

統一しておくことが

物販の

アイデンティティーを

保つことに繋がるのです。

 

そしてもう一つ、

リセールライトを

効果的に

組み合わせることも

重要です。

 

例えば先述した

「リラクゼーション」を

テーマとしたものにする場合、

リラクゼーション

と言っても

「アロマ」だとか

「ヨガ」といったものが

たくさんあります。

 

いかにそうした特化型の

リセールライトを選択し、

効果的に組み合わせることが

できるかが集客上のポイント

になってくるのです。

 

ポイントその2

「手数料はかからない」

日本ではまだこうしたビジネスには

「ネズミ講」のような悪いイメージが

付いています。

 

ゆえに手数料

ばかり払って

結局もうからなく

なるのではないか

というイメージを

持たれているかも

しれません。

 

しかし

このリセールライト、

必要なのは

購入費用のみで

手数料は

一切かかりません。

 

つまり、

販売利益を

全部自分のものとして

計上できるのです。

 

これこそが、

リセールライトで

稼げるという根拠の

一つとなっているのです。

 

ポイントその3

「やはりデメリットはある」

 

当然ながら、

リセールライトにも

デメリットはあります。

 

特に大きいのが

全く同じ商材を

販売するライバルが

大勢いるという点です。

 

「誰でも簡単に

商材として使える」

という

最大のメリットは、

この一面において

最大のデメリット

と化すのです

 

売り込む力や

経験値が

不足していると、

それを上回る方々に

負けてしまいます。

 

どのように

他者と差別化するのか。

 

これをよく

考えるようにして

行動した方が

よさそうです。

 

また再販という

言葉に対し日本人が

あまりいいイメージを

持っていない

ということも

デメリットの一つとして

挙げることが

できるでしょう。

 

これはなぜかというと、

先程述べた通り

「ネズミ講」が

関係しているからです。

 

しかし前述したように

リセールライトは

「益者の階層」

なんてものは全くなく、

販売権利を売ったとしても

権利そのもの分の

お金しか動かないため、

上層部が

どうのということ

ではないのです。

 

こうしたイメージを

以下に払拭し、

日本に根付かせていくか。

 

これもまた日本で

リセールライトを

活用する方々の

成すべきこと

なのでは

ないでしょうか。

 

最後に

以上が大まかな

リセールライトに

関する説明ですが、

メリットや

デメリットなど、

今までよりも

知識が深まった

のではないでしょうか。

時流は今、

リセールライトに

スポットライトを

当てつつあります。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です