知らないとソンをする!?「そ・わ・か」の法則であなたも幸せに

最初に、幸せに

なりたくない人は

今すぐこのページを

閉じてください。

幸せになりたい!

 

だけど…

 

毎日とにかく

忙しくイライラ

している。

 

日々の仕事に

追われて余裕がない。

 

そんなあなたに

幸せになれるヒント

 

「そ・わ・か」の法則

をお教えします。

 

「そ・わ・か」

にはお金もかかりません。

 

あなたの気持ち一つで

今日からでも

始めることが

できるのです。

 

〈小林正観とは〉

「そ・わ・か」の法則を

提唱している人物、

小林正観さんとは

どんな人なのでしょう。

 

1948年に東京都に生まれ、

中央大学法学部を

卒業しています。

 

学生時代から

人間の潜在能力や

超常現象に興味を

持っていたようで、

心学の研究を

続けていました。

 

晩年まで精力的に

講演を行い全国を

回る生活を

続けていたようです。

 

『「そ・わ・か」

の法則』の他、

多くの書籍を

出版しています。

 

〈「そ・わ・か」の法則とは〉

小林正観さんの提唱する

「そ・わ・か」

の法則と何なのでしょう。

「そ」は掃除の「そ」、

「わ」は笑いの「わ」、

「か」は感謝の「か」

です。

 

小林正観さんは

「そ・わ・か」

の実践により、

神様に

愛されて

幸せが訪れると

言っています。

 

神様を味方につけて

幸せを

手に入れる法則を、

一つ一つ詳しく

見ていきましょう。

 

〈「そ」…掃除のすすめ〉

自分にお金が流れて

こないのはなぜか、

考えたことは

ありますか。

 

お金の流れを

止めている

原因があるのです。

それは我欲、

執着、

こだわりといった

精神的なゴミ。

 

これを取り除く

作業となるのが

掃除…とりわけ

トイレ掃除です。

 

トイレは常に綺麗に、

1日何回など

掃除の回数を

決めるのではなく

汚したら

綺麗にします。

 

自宅のトイレ

だけではなく、

スーパーでも

駅でも自分が

入っていたトイレが

汚れていたら

ピカピカにして

出てくる。

 

そうすると

臨時収入が

あるらしいのです。

 

トイレには

うすしま明王

というとびきり

優しい神様が

住んでいて、

トイレを綺麗

にしてあげると

俄然やる気になって

あなたを応援

してくれるのです。

 

また小林正観さんは

お金自体にも

意識があると

言及しています。

 

お金は綺麗に

使ってくれる人の

ところに

集まろうとします。

 

だからトイレ

掃除をする人が

好きなのです。

 

お金は人の役に

立ちたいと

思っているので、

ギャンブルや

過度な贅沢、

溜め込みは嫌います。

 

〈「わ」…笑いのすすめ〉

最近大笑いしましたか?

よく笑う人は

病気になりにくいと

聞きますね。

 

神様も笑いが

大好きです。

 

笑いとは状況を

肯定し

受け入れること。

 

「辛いことがあって

笑顔になんてなれない。」

 

なんて言っていては

いけません。

 

愚痴などの負の発言は、

余計に負の種を

引き寄せます。

 

過度に謙遜

ぶるのもNGです。

 

「ラッキー」

「恵まれている」と

言っている人の

ところには、

自然と明るく

楽しい人たちが

集まってきます。

 

神様は泣き言ばっかり

言っている人のことは

全く応援してくれませんが、

喜んでいる人にはもっと

喜ばせようとして

応援してくれるのです。

 

 

〈「か」…感謝のすすめ〉

謙虚な人は

神様から好かれますが、

傲慢な人は嫌煙されます。

 

小林正観さんの

言う謙虚とは、

今自分が

置かれている状況や

得たものが自分の力に

よるものではなく、

周りの人や

神様や仏様などの

おかげであると

思っている人です。

 

逆に、

 

自分の力によって

ありとあらゆる物を

得てきたと思っている人を

傲慢といいます。

 

謙虚さの実践として

「ありがとう」

と言うことを

すすめています。

 

とりあえず

何はなくとも

「ありがとう」

と言ってみるのです。

 

心を込めなくても

構いません。

 

何もないところで

「ありがとう」

と言うと脳は

「なんでありがとうと

言ったんだろう?」

と原因を探そうとします。

 

天気がいいから

「ありがとう」。

ご飯がおいし

そうだから

「ありがとう」。

 

「ありがとう」の

チカラで

普段当たり前と

思っていることが、

「有り難い」ことに

変わり、脳が

「ありがとう」に

満ち溢れながら1日を

終えることが

できるのです。

 

神様も「ありがとう」

という言葉は

大好きです。

 

もともと

「ありがとう」という

言葉は人間が神様を

賞賛し褒め称える

言葉でした。

 

なので

「ありがとう」

と言うと

神様は

「自分が言われたのかな?」

と勘違いしてしまうそうです。

 

神様はありがとうの

回数を数えていて、

その回数が

五万回とか十万回、

一億回というレベルを

超えた時に

奇跡を起こして

くれるように

思うと小林正観さんは

言っています。

〈まとめ〉

小林正観さんの

「そ・わ・か」

の法則、

どうだったでしょうか。

どれもすぐに

実践出来そうなもの

ばかりですよね。

 

実践し続けることの

ポイントは、

 

「究極の欲深い

人間になること」と

小林正観さんは

言っています。

 

トイレ掃除も、

「みんなが気持ちよく

使えるように」と

思ってやるよりも、

「トイレ掃除をしたら

臨時収入が入る。得だ!」

と思ってやった方が

楽しいですよね。

 

学んだことを日常生活で

役立てることこそが

大切で、

「そ・わ・か」の

実践の動機が

自分が得を

したいから

という下心があっても

構わないのです。

 

「そ・わ・か」の法則で

あなたの人生を

もっと輝かせて

くださいね。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です