リセールライトの活用

ネットビジネスでは、

コンテンツを

販売するのが

実は最も

効果的です。

 

たとえば、

情報商材を

販売した場合には、

通常の

アフィリエイトとは

比べ物にならない

高額の利益となります。

 

日本では

まだ馴染みが薄い

リセールライトを

活用すれば、

最小限の手間で

大きな売上を

出せるのです。

 

リセールライトはすぐに販売できる

 

通常の商品は、

権利者が販売する

権利を有しています。

 

制作者の権利としては

著作権が有名で、

もしも無断で

販売すると法律で

罰せられる

可能性があります。

 

けれども、

権利者から再販売する

権利を購入すれば、

その契約内容の

範囲内で自由に

再販売が可能です。

 

リセールライトで、

具体的には

単純にコンテンツを

再販売するだけの

契約から再販売する

権利も一緒に

売れる契約まで、

様々なバリエーション

になっています。

 

リセールライトの

大きなメリットは、

ネットビジネスに

ついて実地で

練習できる点です。

 

雛型となる販売ページと

商品がセットに

なっているから、

自分でドメインと

サーバーを用意するだけで

すぐに販売できます。

 

情報商材は

デジタルデータで

受け取れる上に

在庫管理の必要が

ないので、

リセールライト

の代金を

除けば自分が

所有するWEBサイト

だけがコストです。

 

情報商材は、

きちんと作成すると

かなりの手間がかかります。

 

ニーズがある分野で

売れる内容を

作り上げるには、

多大な調査と

コンテンツ作成を

行わなければいけません。

 

安定した需要が

あるカテゴリの1つが

美容で、この分野に

詳しくない場合には

儲かると分かっているのに

参入できない

事態になります。

 

ところが、

リセールライトならば、

ズバッと美容の悩みを

解決する情報商材を

売れるので、

1ページのみの

販売サイトでも

売れる見込みが

できるのが特徴です。

 

自分で一から

WEBサイトを

築いていくのは

時間と手間が

かかる反面、

リセールライトなら

短時間で販売開始までの

準備を整えられます。

 

よく勘違いされていますが、

リセールライトに

よって販売した

売上は原則的に

全て自分のものに

なるので、売れば

売った分だけ

儲かる仕組みです。

 

既存のサイト運営に

組み込んで相乗効果

 

自分のWEBサイトを

運営している

ケースでも、

リセールライトは

強力な効果を発揮します。

 

ブログとして

自分の日記帳のように

続けている場合でも、

よく話題に

出てくる分野の

リセールライトを

連動させるだけで、

ユーザーに

商品を購入させる

ルートを

新たに作れるのです。

 

趣味として

継続的に行ってきた

WEBサイトが

いきなり収益源になる

カルチャーショックは

大きく、

主婦のサイド

ビジネスとしても

有効な手段と言えます。

 

ただし、

無料ブログのように

運営者がいる

スペースの一部を

間借りしている状況では

運営による広告の

邪魔になる等の

理由によって、

規約で

リセールライトの

商品を

直接販売することを

規制している

パターンが多いので、

十分に注意

しなければいけません。

 

現在では、

リセールライトで

購入できる情報商材は

多岐にわたっています。

 

アフィリエイトで

販売している

商品に付録をつける、

あるいは、

自分が熟知

しているニッチな

分野に絞って

販売することで、

まさに

アイディアの数だけ

ビジネスの幅が

広がるのです。

 

自分のWEBサイトの

販売力の強化や、

複数の収入の実現

によって、

副業から本業レベルの

収入に引き上げてみましょう。

 

アフィリエイト単体では

同じ商品を

扱っている

ライバルが

多いのが難点ですが、

リセールライトに

よって独自の

付加価値を

つけられます。

 

店舗運営などの

自営業では、

独自ブランドの信用を

厚くするために

リセールライトが

有効です。

 

ただし

リセールライトでは

再販売の権利を

買った上で、自分自身が

販売する形式になるため、

きちんと情報商材の

中身をチェックしておくのが

鉄則になります。

 

本業と直結している

WEBサイトで

販売すると

売れやすいのですが、

後からリセールライトで

売った商品に

問題が出た場合には

共倒れになる

リスクがあることを

覚えておきましょう。

 

リスクの分散

という観点では、

リセールライト

専用で新しく

WEBサイトを

構築するのも

1つの考え方です。

 

人々の関心が

高い分野を

いち早くフォロー

リセールライトの

悩みでよくあるのが、

どの分野を扱ったら

良いのか

分からないことです。

 

売れやすい分野

として定番なのが

美容、健康、

投資運用、副業

だから、

特に思いつかなかった

らその中から

自分がよく知っている

ものを選びましょう。

 

購入する

リセールライトとしては、

すでに実績がある

情報商材を

選ぶのがコツです。

 

初心者は

どの情報商材が

優れているのかを

判断しにくいので、

他の人が上手くいった

実例がある方が

安心です。

 

人気がある分だけ

競合者が

多くなりますが、

その代わりに

リセールライトの

ノウハウを

学びながら

手堅く経験を積めます。

 

慣れてきたら

自分なりの判断基準で

選べるので、

もっと積極的な

リセールライトの

ビジネスに

昇華させることが

可能です。

 

流行がすぐに

変わる

インターネットでは、

人々の関心が

高い分野を

いち早くフォロー

するのが

成功する

秘訣となります。

 

ニュースで

話題になった時、

特にお金に関する

制度や税金が変わる

タイミングは稼ぎ時で、

誰もが知りたがって

いる情報を

パッケージとして

販売すれば、

短期間で

一気に儲けることも

夢ではありません。

 

ビジネスは

仕入れた値段よりも

高く販売できれば

黒字になるから、

多少高くても

信頼できる人物や

会社からの

リセールライトを

同業他社に

先駆けて

購入することで

差をつけられます。

 

あまり実績がない

リセールライトを

購入するのは

リスクがあるものの、

競合相手が

少ないことから

検索エンジンの

上位表示となり、

稼げることも

逆にあります。

 

どんどん

展開していくことも

リセールライト

なら簡単で、

例えば10個の

WEBサイトで

それぞれ違う

リセールライトを行い、

そのうちの

半分ぐらいを

成功させて、

全体で黒字にする

戦略が役に立ちます。

 

まとめ

リセールライトは、

上手く使えば

頼りになる

ビジネス

パートナーに

なります。

 

自分が知らない

分野の専門知識と

販売ページの

レイアウトをすぐに

使えるから、

いちいち自分自身で

勉強しながら

WEBサイトなどを

作る手間を

省いて儲けられるのです。

 

扱う分野によっては

法令や制度が

関係してくるので、

法律を守って

正しく

リセールライトを

扱いましょう。

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です