契約プラン内に1週間分の世代バックアップサービスがあるXサーバー

Xサーバーでは

使用できる容量が

10GBの

最安プランから、

オプションを

追加してなくも

自動バックアップで

状態を元に戻せる

復元機能が備わっています。

 

ではその機能が

必要になる場面には

どんなケースが

考えられる

のでしょうか。

 

Xサーバーの

バックアップ機能は、

サイトデータなどを

手動でこまめに

取っていない

忙しい人ほど

便利に使えるのです。

 

サイトをミスで

消してしまっても

バックアップ体制が

あるウェブサイトを

一つのサーバー内

でいくつも

運営している場合、

更新のたびに

データを保存し

直していつでも

復元できる状態に

手動管理をし

続けるのは

大変なことです。

 

バックアップを

怠ってしまったり、

保存してあると

思っていても

コピーミス

だったりなど、

サイトを長く

運営するほど

トラブルに

見舞われることも

あるでしょう。

 

けれど、

Xサーバーであれば

運営や管理にとって

手間がかかる

バックアップ体制を

自動で

取ってくれるので、

安心して

更新に集中できます。

 

Xサーバーでは、

最安のプランでも

一律に

自動バックアップ

からの復元という

サービスが

付加されています。

 

これは

どんなサービス

かというと、

Xサーバーの

管理下へとデータを

複製できる仕組みです。

 

24時間に一度

ウェブサイト更新の

有無に関わらず

保存されます。

 

別料金を必要したり

契約中のサーバー

容量を圧迫せず、

繰り返し保存が

できるところが

メリットです。

 

またバックアップは

何かを操作したり

手動で行わなくて

よくなっています。

 

手動だとせっかくの

バックアップ体制が

整っていても、

操作し忘れたりなど

古いデータの

ままで復元時に

最新のもの

ではなくて不便

ということも

あるでしょう。

 

Xサーバーの場合では、

バックアップは

すべて自動で

管理されています。

 

その間隔は

24時間に一度

となっていて、

ウェブサイトの

更新の有無に

関わらず実行されます。

いつでも

一日前の最新データを

取り戻すことが簡単で、

サイトを元通りに

復旧したい時も

手間なく

できるのが特徴です。

 

しかも

バックアップ機能で

保管されているのは、

一日前だけでは

ありません。

 

最大一週間分が

常に複製

されています。

 

最新のもの

だけではなく、

世代バックアップを

採用しているのです。

 

そのため誤って

更新したまま時間が

経ってしまっても、

一週間以内で

あれば速やかに

過去のウェブサイト

の状態に戻せます。

 

一日前の状態に

戻すための方法と

所要時間自動で

最新のものが

継続的に

保存されている

Xサーバーの

バックアップですが、

復元をしたい時は

どういった

操作が必要になるか

説明します。

 

まず

インフォパネル

ログイン

フォームから、

会員IDとパスワードを

使ってログインします。

 

そして手続きと

記載がある項目から、

バックアップデータ

お申し込みを

利用し、

復元の申請をします。

 

データは

Xサーバーのデータ

管理下にあるためです。

 

保存は自動的でも

復元したい場合、

Xサーバーに

その意思を

伝える必要が

あります。

 

ただし

申し込みといっても

サポートと

直接やりとりは行わず、

基本的には

インフォパネルから

情報を打ち込みます。

 

一週間の

バックアップがあるため、

どの日付の時点に

戻したいか

ドロップダウンの

リストから

選択し、

申し込みをします。

 

一週間以内に

含まれていない日付は

リストに表示

されないため、

復元作業をする場合、

過去分のデータが

消失しない前に

取りかかるのが

いいでしょう。

 

また、

月額料金内に

含まれている

全プラン共通の

自動バックアップは

無料で行われますが、

復元には

一回ごとに

10800円の料金が

かかります。

 

価格はデータ量で

変動はせず

一律なので、

最大契約プランの

容量と同じ

サイズで復元可能です。

 

また、

再度同一日へ

復元したい場合、

再申請が

必要になるため

都度料金が

発生します。

 

入金が

確認された後に

復元が行われます。

 

では

復元された状態には

どのくらいの

時間が必要かというと、

支払い完了後から

48時間程度が

目安になります。

 

最大でも

二日は考慮する必要が

ありますが、

復元可能状態になると

Xサーバーから

登録のアドレスに

連絡が届くため、

こまめに

確認しましょう。

 

戻されたデータは、

契約サーバー内に

置かれている

状態です。

 

そのため

ウェブサイトを

公開するためには

パスを変更するなど

インストールの

手動操作を

して完成になります。

 

復元できるのは

サイトデータ

だけではない

Xサーバーで

保存される

データには、

ウェブサイト

だけではなく

メールデータも

含まれます。

 

Xサーバーの

メールアドレスを

使用していたり

転送で経由

していたり、

メールサーバを

使っている場合、

その領域は

自動バックアップ

対象にカウント

されています。

 

そのため

メールデータを

破棄してしまう

など大切なメールを

復元したい時にも

利用でき、

ウェブサイト

以外の保存体制も

一週間分の安心感が

あるでしょう。

 

Xサーバーは

プランの契約とは

別に

バックアップを

申し込む手間が

ないのが特徴的です。

 

またバックアップは

世代管理なので、

間違った記述をして

時間が経って

しまったり

複製ミスで

手元にデータが

残っていない場合でも、

正しいウェブサイト

などのデータが

一気になくなるリスクが

低くなっています。

 

エックスサーバーの事を

より詳しく知りたい方は、

こちら

 

公式メルマガはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です